男性と女性のカンジタを自宅で治す。

男性カンジダ性亀頭包皮炎と女性腟カンジダ症を自分で治すことについての情報サイト

カンジダ菌とは?

 2017年11月7日
約 3 分
カンジダ菌とは?

発症するとカンジダ腟炎などの原因になる、カンジダ菌。

多くの女性たちを悩ませているカンジダですが、その原因であるカンジダ菌とはどういったものなのでしょうか。

わりと耳にする機会の多い「カンジダ菌」ですが、どんなものなのか知らない人も多いですよね。

ここでは、カンジダ菌とは何なのかお話ししていきましょう。

カンジダ菌はカビの仲間である

カンジダ菌というのは、「菌」という言葉からも分かるように細菌の一種。

細菌の中でも、真菌というカビの仲間になります。

水虫などの原因菌と似ていますね。

カビというと汚ならしい感じがしますが、不潔にしているからカンジダ菌に感染するというわけではありません。

カンジダ菌は、もともと私たちの体内にある常在菌のひとつ。

皮膚や口の中、消化管、腟などで暮らしているのです。

病気の原因になる菌であるため、「悪いもの」「除外しなければならないもの」と思うかもしれませんが、カンジダ菌は普段は悪さをすることはありません。

免疫力の低下などがなければ、特に症状が出ることはないので安心してくださいね。

カンジダ菌は日和見菌グループに属している

私たちの腸内には、たくさんの細菌が住んでいます。

その細菌は顕微鏡で見ると花畑のように見えることから、腸内フローラと呼ばれています。

腸内フローラは善玉菌(2割)、悪玉菌(1割)、日和見菌(7割)から成り立っており、カンジダ菌はそのうち日和見菌に属する細菌。

日和見菌は、普段は善玉菌サイドにも悪玉菌サイドにもつきません。

しかし何らかの原因で悪玉菌が優勢になると、日和見菌は一気に悪玉菌の味方につくのです。

こうなったとき、初めてカンジダ菌は悪さを始め、カンジダ腟炎や口腔カンジダ症などを引き起こしてしまいます。

カンジダ菌は病気の原因になりうる細菌ですが、根っからの悪者ではないんですよ。

生活習慣やストレスなどによって免疫力が低下してしまうことで、腸内フローラは悪玉菌優勢の状態に傾きやすくなってしまいます。

悪玉菌優勢にさえならなければ、カンジダ菌はあってもないようなもの。

そのことを常に頭に入れておいてくださいね。

まとめ

カンジダ菌とは何なのか、カンジダ菌についてお話ししました。

カンジダ菌は真菌(カビ)の仲間であり、健康な人でも誰もが体の中に持っている常在菌の1つです。

普段は特別なことをする菌ではありませんが、状況によって悪さをする菌でもあるので、体調の変化などには常に気を付けていきたいですね。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。

すべて「正規品」ですのでご安心ください。

寄稿者情報

管理人
免疫力が低下している生活を続けている頃に、男性カンジダ性亀頭包皮炎に悩まされて、それから徹底してカンジダについて調べて、自分にも色々試してみました。そして、最後にたどり着いた良い解決法が「カラダに優しい天然成分の助けを得る」ということでした。

「カラダに優しい天然成分の助けを得る」ための製品を探してたどり着いたものが「ファンガクリーム」を始め、ファンガソープ、そして、”カンジダ菌の根城”にまでたどり着ける「カンジダクリアスーパー」でした。

この素晴らしさを広めるために、このブログを立ち上げました。1人でも多くのカンジダで悩んでいる方に情報をお届けできたらと思っております。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)