男性と女性のカンジタを自宅で治す。

男性カンジダ性亀頭包皮炎と女性腟カンジダ症を自分で治すことについての情報サイト

ペニスの皮がヒリヒリするのは男性カンジダ性亀頭包皮炎かもしれない!?

 2018年5月25日
約 5 分
ペニスの皮がヒリヒリするのは男性カンジダ性亀頭包皮炎かもしれない!?

ペニスの皮がヒリヒリする!?
ペニスが痒い、臭いがきつくなった。
そんな時には要注意です!
男性カンジダ性亀頭包皮炎の可能性があります。
亀頭包皮炎は読んで字のとおり、男性器(ペニス)におきる男性特有の病気です。
亀頭や包皮にできた小さな傷などに、菌が入り込み繁殖してしまい発症します。
症状として炎症が起きるので痒くなったり、ヒリヒリした感覚を伴います。

男性カンジダ性亀頭包皮炎とは?

カンジダとは女性の膣内に常在する菌と知られているために、「女性特有の菌」と思われがちです。
しかし、このカンジダ菌は男性の性器(ペニス)にも影響を与えます。
基本的には女性器とは違い男性器は体内ではなく、体の外側に位置するので通気性もよく繁殖しづらい環境になります。
しかし男性器を不衛生にしていたり、包茎だったりすると繁殖しやすい環境になってしまいます。
具体的には、不衛生にして汚れや恥垢を放置してしまったり、包茎で通気性が悪く清潔に保てない場合は要注意なので、できる限り清潔にすることを心掛けましょう。
カンジダ菌は女性特有ではなく、誰もが持っている常在菌なので男女で性行為をしなくても男性がカンジダ性亀頭包皮炎を発症するのです。
逆に性行為をする女性が膣にカンジダ菌が大量に繁殖している膣カンジダ症の場合はカンジダ性亀頭包皮炎が感染する可能性があるので注意が必要です。

男性カンジダ性亀頭包皮炎の症状

カンジダ性亀頭包皮炎とは、男性がカンジダを発症する事で亀頭や包皮が炎症を起こしてる状態です。
症状の例としては以下になります。

・亀頭や陰嚢(いんのう)がただれたり痒みがおこる。
・亀頭と包皮の境目辺りが赤くなり腫れる。
・恥垢(白いカス)汚れが出る。
・斑点状の模様が出る。
・水ぶくれのような物ができる。
・性器に痛みがでる。
・ペニスの表面が乾燥してカサつくようになる。
・排尿の際に痛みを感じる。

などがカンジダ性亀頭包皮炎の症状例になります。
痒くなる症状の時に、かいてしまい傷を増やすと更に菌が繁殖し感染部位が拡大するので注意が必要です。

男性カンジダ性亀頭包皮炎かもしれない?

上記の症状例で同じ症状がある男性はカンジダ性亀頭包皮炎かもしれません。
亀頭包皮炎は以下の3つのタイプに分けられます。

・細菌性亀頭包皮炎
・カンジダ性亀頭包皮炎
・上記2つを合わせもっている

幼児や子供の場合は、殆どが細菌が原因とされていますが、成人男性の場合は真菌のカンジダが原因となって発症すると言われています。
特に包茎の男性器はカンジダ菌が好む高温多湿の環境になり、真正包茎では日常的に洗うのが困難な為にカンジダ性亀頭包皮炎の発症率が上がります。

男性カンジダ性亀頭包皮炎の原因

亀頭包皮炎は男性のペニスにできた小さな傷などから菌が感染して炎症をおこします。
性交渉が有っても無くても感染する可能性は十分にあります。
また大人・子供関係なく、男性ならば誰でも感染して発症する可能性があります。
何度か説明しましたが亀頭包皮炎は傷から菌が感染して起こる炎症です。
そのカンジダ性亀頭包皮炎の主な原因となる行動を紹介します。

性行為やマスターベーション

激しい性行為やマスターベーションはペニスを傷つける場合があります。
性行為やマスターベーションの後に長時間洗わずにいると傷ができた場合はカンジダ菌などの菌に感染しやすいので注意しましょう。

包茎

包茎の状態のままだと亀頭部分が包皮に覆われて隠れているのでペニスが高温多湿になりやすく菌が繁殖しやすい環境になっているので、亀頭包皮炎を発症しやすいといえます。
特に子供の亀頭包皮炎は包茎が原因なのが多いです。
包茎の場合は包茎に対する処置をすることで、亀頭包皮炎の対策の1つになります。

洗い過ぎや触りすぎ

通常の石鹸では普通の細菌は滅菌できますが、カンジダ菌には通用しません。
ペニスを洗う際に石鹸を利用して洗い過ぎると、細菌ばかりがいなくなりカンジダ菌だけが残り細菌のバランスが崩れて亀頭包皮炎を誘発してしまう場合があります。
また、ペニスは普通の皮膚よりも薄く傷つきやすいので注意が必要です。
性交渉の際などにも爪を伸ばしている女性に触れられる時に傷ができてカンジダ菌に感染しないよう注意が必要です。

糖尿病や免疫不全

糖尿病を患ってる人や不規則な生活をしている人、病み上がりや体調不良で免疫力が低下している場合は亀頭包皮炎を発症しやすいといわれています。
また免疫力が低下している状態だと治りにくくなってしまいます。

以上がカンジダ性亀頭包皮炎の原因となりうる行動です。

男性カンジダ性亀頭包皮炎と思ったら

カンジダ性亀頭包皮炎は、症状が軽い場合は自己免疫力で自然治癒することもあります。
しかし、治療しないで放置して症状が進行すると尿道炎になる場合があります。
ただし、クラミジアや淋病など他の性病も似たような症状の場合があり素人では何の病気なのか見極めるのが困難な場合があります。
更にはリンパ節の腫れや陰茎ガンに進展する可能性もありますので、カンジダ性亀頭包皮炎かなと思ったら日常生活に支障をきたす前に医師の診察をきちんと受ける事をおすすめします。

自宅で、男性カンジダ性亀頭包皮炎を治すために人気のカンジダ菌を殺菌してくれる強力なクリームは「ロテュリミンAF」で、カンジダ菌を殺菌してくれる薬用石鹸は「ファンガソープEX」です。この2つのセットが「カンジダ(男性)完治セット」です。男性カンジダ性亀頭包皮炎の場合は、原因菌がカンジダ菌なので、この菌をしっかり殺菌するとよくなります。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。

すべて「正規品」ですのでご安心ください。

寄稿者情報

管理人
免疫力が低下している生活を続けている頃に、男性カンジダ性亀頭包皮炎に悩まされて、それから徹底してカンジダについて調べて、自分にも色々試してみました。そして、最後にたどり着いた良い解決法が「カラダに優しい天然成分の助けを得る」ということでした。

「カラダに優しい天然成分の助けを得る」ための製品を探してたどり着いたものが「ファンガクリーム」を始め、ファンガソープ、そして、”カンジダ菌の根城”にまでたどり着ける「カンジダクリアスーパー」でした。

この素晴らしさを広めるために、このブログを立ち上げました。1人でも多くのカンジダで悩んでいる方に情報をお届けできたらと思っております。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)