男性と女性のカンジタを自宅で治す。

男性カンジダ性亀頭包皮炎と女性腟カンジダ症を自分で治すことについての情報サイト

カンジダは性行為でうつる?

約 3 分
カンジダは性行為でうつる?

カンジダの感染経路の大半は、自分の持っている常在菌によるものです。

カンジダ菌はもともと体内にある細菌でもあるので、完全に除去することはできません。

自己感染による感染がメインだというと、なんとなく「ヒトからはうつらない」と思われがち。

しかし、カンジダはヒトからヒトへもうつることがあるのです。

それはずばり、性行為。

パートナーとの性行為で、カンジダはうつることがあります。

その仕組みについて、説明しましょう。

健康なときにカンジダがうつることは少ない

カンジダの原因であるカンジダ菌は、症状が出ていなくても体内には存在しています。

そのため、どんなときであっても、性行為をすればカンジダがうつることはある、といえます。

しかし、健康な状態でカンジダがうつることはかなり稀。

ほぼないと言っても過言ではありません。

かなり稀ではありますが、うつることはありますので「絶対にうつらない」とは思わないでくださいね。

健康なときならそこまで気にすることはないでしょうが、免疫力が低下しているときやあなたかパートナーのどちらかが「症状が出ている」ときは要注意。

どちらかに症状が出ていると、5~10%の確率でカンジダがうつると言われています。

普段は何ともなくても、症状のあるときはうつる可能性が高い、と覚えておいてください。

また、カンジダの感染は男性から女性にうつることのほうが圧倒的に多いです。

それは、単純に男性はカンジダの症状が出にくく、感染しても気づかないことが多いから。

女性の場合は、強いかゆみやおりものの変化などの症状があるため、カンジダになればすぐに分かります。

しかし男性は女性ほどはっきりとした症状が出ないため、たとえカンジダになっていても気がつかないのです。

そしてそのまま性行為をして、パートナーの女性にうつしてしまう、というわけですね。

もしも女性がカンジダになったら、念のためパートナーも医療機関を受診して検査をすることをおすすめします。

性行為でうつるわけですから、カップルのうち片方だけが治しても意味がありません。

せっかく治したのに、またすぐに感染したのでは嫌になってしまいますよね。

性行為でもカンジダはうつる、と覚えておきましょう。

性行為によるカンジダ感染を防ぐには?

性行為によるカンジダ感染を防ぐには、症状が出ているときの性行為は控えること。

これに尽きます。

カンジダであることをカミングアウトするのは恥ずかしいことですが、きちんとパートナーに報告しましょう。

また、カンジダの性器は炎症を起こしている状態です。

この状態で性行為をすると、炎症が悪化してしまうリスクもあります。

どちらかがカンジダに感染しているときは、性行為はしないが鉄則ですね。

そして、普段からも予防のために、コンドームを使うことをおすすめします。

まとめ

カンジダは性行為でうつるのかどうか、についてお話ししました。

カンジダは性行為でうつります。

確率は低くても、性行為でうつる可能性がある以上、しっかりと予防することが大切ですよ。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。

すべて「正規品」ですのでご安心ください。

寄稿者情報

管理人
免疫力が低下している生活を続けている頃に、男性カンジダ性亀頭包皮炎に悩まされて、それから徹底してカンジダについて調べて、自分にも色々試してみました。そして、最後にたどり着いた良い解決法が「カラダに優しい天然成分の助けを得る」ということでした。

「カラダに優しい天然成分の助けを得る」ための製品を探してたどり着いたものが「ファンガクリーム」を始め、ファンガソープ、そして、”カンジダ菌の根城”にまでたどり着ける「カンジダクリアスーパー」でした。

この素晴らしさを広めるために、このブログを立ち上げました。1人でも多くのカンジダで悩んでいる方に情報をお届けできたらと思っております。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)