男性と女性のカンジタを自宅で治す。

男性カンジダ性亀頭包皮炎と女性腟カンジダ症を自分で治すことについての情報サイト

女児がカンジダになったら何科を受診する?

 2018年6月3日
約 3 分
女児がカンジダになったら何科を受診する?

大人の女性に多くみられるカンジダ。

女性にとっては決して他人事ではない病気のため、みなさんも聞いたことはあると思います。

カンジダを引き起こしているカンジタ菌は、普段から私たちの皮膚や粘膜に存在している菌。

女性に多いのは、性器が体内にあり、温度や湿度が細菌の繁殖に適した環境であるためです。

そんなカンジダですが、大人だけでなく子供がなることももちろんあります。

子供の体内にもカンジタ菌はいるわけですから、当然といえば当然です。

では、もしも小学生くらいの女児がカンジダになってしまった場合、病院は何科へ行けばいいのでしょうか。

女児が行くべきなのは小児科、皮膚科、婦人科のうちのどれ?

膣やデリケートゾーンにかゆみなどの症状があるとき、大人の女性ならば迷わず婦人科へ行くでしょう。

しかし、小学生くらいの女児の場合、膣やデリケートゾーンに違和感を覚えたときはどうしたらいいのか困ってしまいますよね。

もちろんお母さんと一緒に婦人科でも問題はありませんが、クリニックによっては「初潮のきていない子供は診れません」と断られてしまうことも。

婦人科は初診でも予約制のところが多いですし、まずは電話をして女児も診てもらえるかを確認してみるもいいでしょう。

ただし、みなさんもご存じのとおり、婦人科の診察では足を開くイスに座ります。

女児に足を開いて診察をさせることに抵抗のある方も多いと思うので、そこはお母さんと娘さんとできちんと話し合うべきだと言えるでしょう。

婦人科に来ている患者さんはすべて女性という点ではいいですが、婦人科の待ち合い室に小学生は珍しいので、どうしても周りの人からの視線を感じることもあります。

そう考えると、女児の場合は普段お世話になっている小児科がベストかなと思います。

もしも小児科ではわからない場合も、適切なクリニックに紹介状を書いてもらえるので、まずは小児科へ相談してみることをおすすめします。

できれば女医のいるクリニックを!

最近では女医さんも増えてきましたが、やはり男性医師のほうが多いです。

まだ子供とはいえ、男性医師の前で下着を脱ぐことをためらう子もいるでしょう。

診察とはいえ、なかなか割り切れない子もいるかもしれません。

特に思春期の頃や生理が始まったばかり、身体つきが変わってきた頃の女児は、とてもデリケート。

医師であっても、「異性」として気にしてしまうことも少なくありません。

それに、親としても、なんとなく男性医師には診てほしくないと思うこともありますよね。

女児が安心して診察をしてもらうためにも、できることなら女医のいるクリニックを探してあげましょう。

まとめ

女児がカンジダになったら何科へ行けばいいのか?ということについて、お話ししました。

初潮がきていれば婦人科でも診てもらえますが、婦人科は周りの視線や診察に抵抗のある人も多いです。

まずは小児科へ行き、相談してみましょう。

カンジダはとてもかゆいので、無意識に子供が掻いてしまわないように、親御さんもこまめに見ていてあげてくださいね。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。

すべて「正規品」ですのでご安心ください。

寄稿者情報

管理人
免疫力が低下している生活を続けている頃に、男性カンジダ性亀頭包皮炎に悩まされて、それから徹底してカンジダについて調べて、自分にも色々試してみました。そして、最後にたどり着いた良い解決法が「カラダに優しい天然成分の助けを得る」ということでした。

「カラダに優しい天然成分の助けを得る」ための製品を探してたどり着いたものが「ファンガクリーム」を始め、ファンガソープ、そして、”カンジダ菌の根城”にまでたどり着ける「カンジダクリアスーパー」でした。

この素晴らしさを広めるために、このブログを立ち上げました。1人でも多くのカンジダで悩んでいる方に情報をお届けできたらと思っております。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)